トイレ交換

MENU

トイレ交換リフォームを依頼する際の3つのポイント

トイレ交換業者

自分の家とはいえ、長年住んでいると様々な箇所が劣化し不具合が生じるものです。外壁は塗装がはがれてしまいますので定期的にペンキ塗り替えが必要ですし、障子にしろ壁紙にしろ時間の経過と共に汚れてしまいますので定期メンテナンスが必要になってきます。同じぐらい劣化のスピードが速いのが水回りでトイレやバス、キッチンといった場所の目に見えないところでは劣化のスピードが速いため不具合が目に見える前に交換してしまう事を推奨します。特にトイレ交換を考えている場合は依頼する際に3つのポイントがあります。

 

まず考えなくてはいけないのが和式にするか様式にするかという問題です。最近では洋式が主流になってきており、家庭用に新設するトイレはほとんどが洋式です。とは言うものの他人のお尻が便座についたところで用を足すのはちょっとという方もおり、そういった方に和式は現在でも支持されています。結局は使う方の多数決になってしまうかもしれませんがじっくりと考えたいポイントです。

 

そして次が洋式の場合システムトイレ、すなわちウォシュレットにするかどうかです。ウォシュレットにする場合は水の分岐が必要になり工事というほど大掛かりなものではありませんが水道管などに慣れない方はお店の方などにやってもらう必要が生じます。ウォシュレットは近年では大分一般的になってきておりお尻を清潔に保つためにも嫌でなければつけたほうがいいアイテムであると言えます。またリモコン操作ができ、見えやすい場所にリモコンをセッティングできるタイプもありますのでじっくりと選ぶ事をおすすめします。そして最後が便座を温める機能をつけるかどうかです。冬は寒いですから洋式の場合は直にお尻をくっつけるのが嫌になってしまいます。そんな時に便座が温かいとトイレに行くのが苦になりません。トイレにコンセントを用意する必要がありますが十分にその価値があると言えます。これらのポイントを参考にリフォーム会社と相談するのがいいでしょう。

トイレつまり処理とは

トイレ交換申込

日常的にトイレを使用しているとトイレつまりを起こす可能性があります。つまりのパターンとして固形物などを便器に落としてしまい流れない場合や徐々に汚れなどが溜まり流れが悪くなるパターンなど大きく分けて二つのパターンがあるでしょう。基本的に固形物がつまってしまう場合のトイレつまり処理は取り除くことが大切です。ラバーカップなど利用して対処するというのも有効な手段の一つといえますが、それで解決できない場合には、業者などに依頼することも選択肢の一つです。

 

汚れなどのつまりの場合には、きれいに掃除を行うことで便器の汚れを落とし流れに影響がでないようにするというのも予防や対策になります。普段からあまり清掃をきちんと行っていない場合には汚れなどがしつこく落としにくい状況になるため、日頃からきちんと清掃する習慣は大切です。
トイレつまりの状況によっては水が流れずに便器から溢れてしまうこともあるでしょう。その状況になるとトイレ周辺が水浸しの被害となるため、できるだけ早く解決するように対処することも必要です。

 

自身で対処できる場合にはすぐに解決するケースもありますが、対処しきれないと判断した場合には、専門業者に連絡しきちんとした処理をしてもらうことも必要です。業者に依頼することである程度費用がかかりますが、スムーズに問題を解決するには有効な手段といえるでしょう。水浸しの被害、トイレを使用できない状況など状況の改善に時間がかかってしまうといろいろと困ってしまうこともあるため、トイレつまりなどに関してはできるだけ短時間で問題を解決できるように対処、行動することが重要なポイントです。専門業者に依頼する場合には、インターネットで情報をチェックし、料金や業者を利用した方からのコメント、評価などいろいろと把握したうえで判断することも大切です。優良な業者を選択することで料金的な面や作業的な面に関して納得のいく業者に任せることができるため、きちんと事前にできるだけ情報を集めてから依頼するように心がけましょう。

トイレ工事の注意点

トイレ交換見積もり

普段何事もなく使うことが出来ていても、ある日突然トイレは故障してしまいます。トイレが使えないとかなり不便なことになりますし、尿意や便意を我慢することは身体にもよくありません。トイレ工事を請け負っている業者は24時間365日対応のところが多いので、なるべくすぐに問い合わせをしておきましょう。担当エリアから一番近くにいるスタッフがすぐに駆けつけてくれます。

 

いつでもお願いできるトイレ工事ですが、いくつかの注意点があります。まず、総額がいくらになるのか広告通りにはいかないところが少なからず存在するという点です。トイレ工事は急な出費ですから、安く済むなら家計の負担もその分減るので、すぐに飛びついてしまいがちになります。しかし、極端に安い料金を全面的に出している場合は、あくまでも最低限のトイレ工事をした場合の値段なので、見積もりを出した後に想定よりも高い金額を請求されることがあるのです。トイレ工事の料金は、便器などの商品代金・工事代金・廃材諸部などの諸経費の合算です。どうして見積もりの金額になるのか、各項目について分かりやすく説明してくれる業者なら信頼できます。

 

トイレは家族全員で使うものですから、男性側の視点を忘れないことも大事です。タンク付きの便器に切り替えた場合、男性が用を足すときに狭くなりすぎて不便になるというアクシデントが起こることがあります。室内が極端に狭くならないように注意しましょう。トイレ工事を請け負う業者が、大手メーカーの商品を使ってくれるかも大事なことです。海外メーカーではよくないというわけではありませんが、将来部品だけを交換することになった時に、海外製だと部品を調達することが困難になる場合があるからです。アフターサービスや保証期間などを考えて長期的に見た場合には、国内の大手メーカー対応の業者の方が安心できますよ。それから、トイレ工事を下請けではなくて、ちゃんと研修を受けた自社職人かも大事な点です。

トイレの交換リフォームで考えるべきポイント

トイレ交換価格

トイレのリフォームと聞くと、大掛かりなイメージで費用の面でもとても気になります。しかし、清潔なトイレは気持ちがいいものです。毎日使用する場所なので、古く汚いのはとても居心地が悪く、苦痛になってしまいます。トイレの空間は用を足すことだけではなく、自分ひとりだけの空間なので考え事をしてみたり、ちょっとした気分転換の場所にもなっていませんか。そのような空間を自分の過ごしやすい空間にするとによって、汚く臭いというイメージからとても快適で清潔な空間にするためにトイレ交換のリフォームは必要になってきます。

 

トイレのリフォームするにあたって、自分がどの様な空間にしたいのかまず考えましょう。自分の好きなインテリアや壁紙にするのもいいです。自分のお気に入りの物をトイレに使用することで、快適で落ち着く空間にすることができます。壁紙を選ぶポイントとしては、家のつくりによってトイレは湿気の多い場所に作られていることが多く、壁紙に汚れやカビが付きやすくなってしまう場所です。壁に用いる素材もとても重要になってきます。防カビや抗菌仕様の壁紙を選ぶことで、掃除もしやすくなり、清潔に保つことができるようになります。普通の壁紙を選ぶよりも、少し値は張ってしまいますが掃除のしやすさや、清潔に保つことのできる壁紙を選ぶことも重要なポイントになっていきます。

 

リフォームをする際には、せっかくだから便器も大きな便器に交換したいと思うかも知れませんが、トイレの空間の広さを確認してから便器を選ぶようにしましょう。狭い空間の中に大きな便器を付けてしまうと、便器だけでスペースがいっぱいになってしまいます。狭くなってしまい、快適に過ごす事が出来ないだけではなく、普段の掃除も手が届かなくなります。できるだけ、空間に合った大きさを選ぶようにしましょう。綺麗な空間を長く維持出来るようなものを選び、自分の過ごしやすい空間を作ることがポイントになっていきます。

和式トイレから洋式リフォームを依頼する際の3つのポイント

トイレ交換おすすめ

今ではほとんどの家庭でトイレが洋式になり、最近の子どもたちは和式トイレが使えない子が増えているほどです。また、高齢になると足腰に負担がかかる和式は使用が困難になるため、昔から使っていた和式トイレから洋式リフォームする方が増えています。そこで、リフォームする際のポイントを3つ紹介します。和式トイレから洋式リフォームする時にかかる費用や作業時間は様々ですが、一般的な相場は30万円から50万円になります。それもトイレのグレードによって変わってきます。

 

1つ目のポイントは、どんなトイレがあるのか、トイレのグレードを知るということです。最も普及しているのが、組み合わせトイレです。便器とタンクが独立していて、便座を組み合わせた形状です。便座(ウォシュレット)は別売であります。もう一つは一見似たような形状ですが、一体型トイレといって、便器とタンク、便座(ウォシュレット)が一体型になっています。最後にタンクレストイレというのがあります。水を溜めるタンクがなく、手洗いがついていないタイプで、デザインにこだわったトイレです。タンクがないため場所をとらず、効率よく空間を使えます。掃除もしやすくなっています。

 

2つ目のポイントは、トイレの機能を知ることです。多機能であればるほど、費用もかかります。中レベルのタイプでも標準で搭載されている機能として、自動お掃除機能や蓋のオート開閉機能、人が入室したことを感知して便座を温める機能などがあり、大変便利になっています。3つ目のポイントは、具体的にどんなことに費用がかかるかを知ることです。基本的なものとしては、養生費、撤去及び廃材処分費、電気設備工事費などの各種工事費がかかります。トイレ本体以外にこれらの必要経費がどれだけかかるかを、あらかじめ知っておくと、全体の費用の見通しが立ちます。
以上のポイントをしっかり押さえて、自分の予算や希望に見合ったトイレを選んで、和式トイレから洋式リフォームする際の参考にしてください。